シンボル
鳴門みさき観音 墓所

般若姫伝説

今から1400年の昔、般若姫は豊後の国(大分県)満野長者夫婦の娘として幸せに暮らしていました。
その美しさは都にまで知れ渡る程でした。
ある時、姫の難病を「やぶさめ神事」で治した「橘豊日皇子」(後の用明天皇)と結ばれる事となった姫でしたが、程なくして皇子は長い間留守にしていた都へ帰らなくてはなりませんでした。
姫は娘の「玉絵姫」を長者に預け、恋しい皇子のもとへと120艘の船団を従えて旅立ちますが、周防の国「大畠の瀬戸(龍宮西門)」にさしかかった折、大きな嵐に見舞われます。
その嵐は、長者に池を潰され家族を殺された「金龍神」の怒りの嵐で、多くのおともの命を奪ってしまいました。
しかも、その怒りは姫の命を捧げることでしか鎮まらないと言います。
姫は大変悩みましたが、これ以上おともを犠牲に出来ないとついに決心します。
「二度とこの場所でこのようなむごい事が起こらないよう、私は瀬戸の守り神となります。私の亡骸は向うに見えるあの山に葬ってください。」
姫はおともの制止を振り切り、渦に身を投じました。
知らせを聞いた皇子と娘、長者夫婦は大変悲しみました。
そして、遺言どおりに姫の指差した「神峰山」にお墓をきずき、姫の念持仏「金の観音像」を納め「般若寺」というお寺を建立しました。
また、長者は臼杵(大分県)にも姫の供養の為にたくさんの石仏を作っていきました。(一部国宝)般若姫の魂は、1400年経つ今も大晦日に「龍燈」と呼ばれる火の玉となって瀬戸より飛来し、般若寺の観音堂に帰って来ると伝えられています。
そして、その「龍燈」を目にした人は大漁・豊作・富裕になると言われています。 そして、瀬戸の燈台であった神峰山にまつられた般若姫は、その誓いどおりに瀬戸を往来する船の「乗るべき潮路」、また、般若寺に参詣する人の「進むべき道」を示し、見守り続けておられます。

般若姫辞世の句
~ 仮の世に何嘆くらん浮舟の いずくを宿と定めおかねば ~

般若姫の化身である聖観音菩薩さま。
観音さま手前、三女神像は左より玉津姫・玉絵姫・般若姫の御神像であり、比売大神三女神でもある。

当山からは般若姫の故郷である大分県の国東半島、姫島、由布岳、八面山などが展望台より眺望できます。
般若姫の化身である観音さまや龍燈が観音堂に納られ、龍燈の松も境内にございます。
境内案内図より場所をご確認ください。